ゆとりニートの日記

理系院卒⇛就職⇛1年で退社。ノースキルでノージョブなゆとり世代ニートの日記。

新潟市役所地下の食堂が思ったよりもいい感じ

新潟市役所の地下1Fに食堂があることをご存知だろうか。

さらに、その食堂は一般の客も入れることはご存知だろうか。

続きを読む

新潟県的電車の乗り方

新潟県に住んでいる人なら分かると思うが、

新潟の電車は、扉を手で開ける。

 

他県の人は、何を言っているのか分からないかもしれない。

 

電車が駅のホームに着くと、ドアのロックのみ解除される。

乗り降りする場合、人力で扉を開閉する必要があるのだ。

続きを読む

あらゆる企画アイデアをデータベース化してほしい

昔から、何かアイデアを出すのが凄く苦手だ。

 

学校の授業で、班に分かれて皆で作業しましょう、

イデアを出し合ってひとつのことをやりましょう、

みたいなやつでは、常にお地蔵さんのようになっていた。

 

続きを読む

ブログ記事を振り返る

今日でとりあえずは毎日のブログ更新はおやすみにする。

 

一つの節目として、今まで書いてきたブログ記事でアクセス数が多いものを振り返ってみる。

続きを読む

【新潟観光】新潟せんべい王国と弥彦神社・弥彦山にいってきたので感想

昨日から今日にかけて、県外の知人が新潟に遊びにきてくれた。

盛大におもてなししたいものの、そもそも新潟の観光地に疎いし、お金ももっていない。どうしたものかと考えこんでしまった。

 

遊びに来てくれる知人が車に乗ってきたので、「新潟市街から車で1時間程で行ける面白そうな場所」という条件でなにかないか調べてみた。

そして見つけたのが

・新潟せんべい王国

弥彦神社弥彦山

の2つだった。

 

新潟の観光地について思うことは後日くわしく書いてみようかなと思うけど、今回は上の2つについて、行ってみた感想を軽く書き留めていく。

続きを読む

【運転嫌い勢の雑記】自動運転車社会が1日も早く実現して欲しい

ここ半年くらいで、自動運転が急に話題になりだして、急に現実味を帯びてきてるきがする。

私は車の運転が嫌いだ。なので大変喜んでいる。

自動運転車がそこかしこを走り回っており、それをいつでも利用できるような社会が1日でも早く実現して欲しいと切に願っている。

 

車の運転が嫌いな理由はいくつかある。

1.ちょっとした不注意で人やものを簡単に壊してしまう恐れがある

2.一般的に交通ルールを守らないのが当たり前な部分がありそれがストレス

3.運転中つねに気を張っていないといけず、移動手段としては疲れすぎる

 それぞれについて詳しく書いてみる。

続きを読む

無料動画レッスンで学ぶHTMLの勉強③ Webデザイン系の職業訓練開始までに自習中

Webデザイン系の職業訓練を受けることになったので、

せっかくだし訓練開始までの期間に関連するスキルについて

予習しておこうと思い始めたコーディング(HTML)の勉強。

第3回目。  

 

使った教材は、前回と同じドットインストールという動画を使った無料レッスン↓。

dotinstall.com

今日はこれの、第20回〜24回までの動画レッスンを受けた。

 

学んだ内容をつらつらと書いてみる。

適当なので間違ってたり若干範囲が前後しているかも。

続きを読む

【ニートの正しい満喫方法】いつでも朝寝坊できる。でもいつも朝寝坊するわけじゃない。

寒くなると、目が覚めた後も布団から出たくなくなる。

軽く身震いをしながら掛け布団を肩まで引き寄せて、ぼんやりとする頭を枕に沈めたまま、もう一度浅い眠りを堪能したい。ずっと布団にくるまっていたい。

ニートの強みはそれがいつでも実現できる点だ。

続きを読む

JAの直売所で乞食

先日、ふとりんごが食べたいなと思い、たまに野菜や果物を買う時に利用しているJAの直売所に寄ってみた。

すると、直売所の駐車場には私が今まで見たこと無いほど多くの車が停まっていた。

 

なんだろうと思って直売所の中を見てみたら、どうやらその日は秋のフェアということで野菜汁などが無料で振る舞われていた。

恐らく、この催しをチラシ広告などで見た人が押し寄せたようだった。

 

続きを読む

音楽を”目で”聞いてみたい

音楽に明るいわけではないけれど、

趣味でたまーにdtmに触れている。

 

音楽作りをしてて思うのが

コード進行全然覚えられない

作曲や音の性質を直感的に理解できていない

ということ。

はい、論外ですね。

 

ただ、私の性質として、目からの情報に対しては比較的敏感なので

イケてる具合に音(音楽)の視覚化ができたら

もっと感覚的かつロジカルに音楽を理解できそうなきがしている。

 

ふと、こんなんあったらどうだろう、と思った音の視覚化アイデアメモ。

続きを読む