ゆとりニートの日記

理系院卒⇛就職⇛1年で退社。ノースキルでノージョブなゆとり世代ニートの日記。

AppleStore銀座でMacBook Airのバッテリー交換をしてきた(要Genius Bar予約)

先日関東に遊びにいった時、日中に暇な空き時間が数時間あったので

その時間を利用してAppleStoreに行きMacBook Airのバッテリー交換をしてきた。

 

その一連の流れとか費用について書いていく。

Macのバッテリー状態確認方法

Macで右上の充電マークをクリックすると、バッテリーの状態が表示される。

 

バッテリーの状態は

「正常」「間もなく交換」「今すぐ交換」「バッテリーの交換修理」

の4種類あって、このうち

「今すぐ交換」「バッテリーの交換修理」の場合、

バッテリー交換が推奨される。 

 

 

バッテリーの状態は、バッテリーの修理が必要かどうかを判断する上で役立つ場合があります。

  • 状態が「正常」である場合、バッテリーは正常に機能しています。
  • 状態が「間もなく交換」である場合、バッテリーはまだ正常に機能していますが、充電可能量が少なくなりはじめています。
  • 状態が「今すぐ交換」または「バッテリーの交換修理」である場合、バッテリーを修理する必要があると考えられます。

 

 

 

ちなみに私のMacBook Air(4年前の2011年に購入)は、

しばらく前から一番下の「バッテリーの交換修理」

となっており、ネットサーフィンで1時間持つか持たないかくらいのバッテリー状態となっていた…。

 

Genius Barの予約

バッテリー交換はAppleStore(直営店)Apple正規サービスプロバイダ(取扱店)でしてもらえる。

 

どちらの場合も、

Genius Barで予約をして、サービスを受ける流れとなる。

 

Genius Bar

Apple Store - Genius Bar - Apple(日本)

 

予約なしで直接店舗へ行くことも可能だが、大抵の場合予約でほぼ埋まっているので

予約することをおすすめする。

当日中に対応してもらえるか分からないし、キャンセルがあっても

行ってみないとどれだけ待つ必要があるか分からないからだ。

 

予約は大体3日後くらいまでは埋まっているようなので予約は早めにした方がよさそう。

私は予定日(平日)の5日前に予約を入れたが、その時点で枠は残り4つくらいだった。

 

さて、予約の流れだが、MacbookAirの場合、Genius Barを利用をクリックして

製品はMacを選択→Macノートブック→起動または電源→バッテリーに関する質問/トラブルシューティング→Mac診断はいいえ→持ち込み修理→持ち込む店舗を選択→日時を選択

となる。

 

あとは、当日忘れずに店舗へ行くだけだ。

 

Macのための119番【MacKeeper】

 

AppleStore到着後

私が利用したAppleStore銀座では、サポートは4階で行われている。

1階の奥にあるエレベーターで4階へ向かい、

降りてすぐいる職員の人に名前と要件を言えばあとは良いようにしてくれた。

 

多分、他のAppleStoreやサービスプロバイダでも同じ流れだろう。

 

余談だがAppleStore銀座のエレベーターは、

自分でボタンを押す必要は全く無く、常に1階⇔4階を自動で往復している。

私はこれを知らずにボタンを探したり挙動不審な感じになってしまった。

 

 

今回利用したAppleStore銀座では、バッテリーの在庫があったこともあり

ものの1時間程度でバッテリーの交換が済んだ。

思ったよりかなり早い。

一度Macを預け、ネットカフェで時間をつぶしていたが、

予定よりも早く連絡の電話がきたため、仮眠中を起こされる形となった程だ。

 

 

バッテリー交換の料金は税込みで約1万6千円

安くはないけど、新しくMacを買い換えるよりは遥かにマシだ。

 

同じMacBook Airを使ってもうすぐ5年になるけど、あと2年位は耐えてくれますように…。

 

Macのための119番【MacKeeper】