ゆとりニートの日記

理系院卒⇛就職⇛1年で退社。ノースキルでノージョブなゆとり世代ニートの日記。

【運転嫌い勢の雑記】自動運転車社会が1日も早く実現して欲しい

ここ半年くらいで、自動運転が急に話題になりだして、急に現実味を帯びてきてるきがする。

私は車の運転が嫌いだ。なので大変喜んでいる。

自動運転車がそこかしこを走り回っており、それをいつでも利用できるような社会が1日でも早く実現して欲しいと切に願っている。

 

車の運転が嫌いな理由はいくつかある。

1.ちょっとした不注意で人やものを簡単に壊してしまう恐れがある

2.一般的に交通ルールを守らないのが当たり前な部分がありそれがストレス

3.運転中つねに気を張っていないといけず、移動手段としては疲れすぎる

 それぞれについて詳しく書いてみる。

 

 

1.ちょっとした不注意で人やものを簡単に壊してしまう恐れがある

私ははっきり言って今の車社会って異常だと思う。

免許なんて誰でもとれるのに、人間が重量が1tを超える物体を時速100kmを超えるスピードで操作することを許可される。

そして、そんな凄いポテンシャルをもった物体が、歩行者のごく近くをビュンビュン通っている。歩行者も運転者も平気な顔で当たり前の日常と捉えている。クレイジー。

小学校や中学校のクラスメイトの顔を思い出して欲しい。そのクラスメイトのうち、自分の大切な人の近くで1tを超える物体を100kmを超えるスピードで操作させたい人がどれほどいるだろうか。クレイジー。

 

人間なんて疲れてても体調悪くても不注意になりがちでも、車に乗る人は乗る。ごく自然なことだ。ふらふらになりながら1tを超える物体を時速数十キロで操作する。数m先には幼児や老人がいようがそういうものだ。ハンドルを数10°回せば、簡単に人やものを壊せてしまう。怖い。

かくいう私も、疲れている時ついついうっかりミスや何かの見逃しなんてことをしがちだ。なので、車に乗るときは一度後方を確認した後もすごく不安になったりする。

 

人間不信とネガティブ思考の気があるのか、とにかく車を運転するのが怖いし、人が運転しているのもあんまり心地良くない。

そこらへんの人間よりも機械の方が信頼できる。

自分の運転と比べれば圧倒的に機械の方が信頼できる。

自分や一般的な人間の判断よりも、Googleだったり自動車メーカーのエリートが作った機械のほうがよっぽど頼れると思っている。

人間が乗る以上は一定以上の能力(訓練)と責任が求められてもしょうがないだとは思っているけど、あー早く自動運転が実現してほしいな。

 

2.一般的に交通ルールを守らないのが当たり前な部分がありそれがストレス

制限速度守らないのは当たり前、みたいなのが好きじゃない。

むしろ守ると邪魔になるというのが気に食わない。

例えば制限速度が時速60kmのところを30kmで走ったらダメというのはよくわかる。しかし60kmで走って邪魔扱いされるのが普通みたいなのは、凄く気持ち悪い。

なんでこんな破綻を放置しているのか。

そういうシステムに巻き込まれたくないから車の運転はしたくない。

 

あと一時停止守らない人多くないですかね。

多いんですよね。

歩いてても自転車乗ってても車に乗ってても一時不停止の車から脅威を感じることが結構ある。

そういう人って、一方だけを見て他は気にせず車を進めていることが多い気がする。怖い。

 

これに限らず、こちらが注意してても他人に巻き込まれて破壊をもたらされる可能性があるので車の運転はしたくない。

 

3.運転中つねに気を張っていないといけず、移動手段としては疲れすぎる

そのまま。

私は北海道のだだっ広い地平線まで見えそうな真っ直ぐな道を走っている時や、新潟のひたすら田んぼのような道を走っている時でも、運転している以上結構疲れる。

やっぱり移動ってのは気楽にいきたい。

車のいいところは、電車と違ってふらっと色々なところによれたり、公共交通機関ではいきにくいところに行けたり、荷物を積めたりするところだろう。

こういった長所をもちあわせたまま、電車のように気楽に乗れたら、すごく素敵なことだと思いませんかね。

私は思っています。

 

 


以上が私が車の運転が嫌いな理由と、自動運転車社会が1日も早く実現して欲しい理由だ。

さらに言えば、燃料電池自動車がよい。排気ガスがでなくなれば、都会でもかなり住みやすくなると思う。

渋滞ができるメカニズムが、車が停まる→それを目視した後ろの車が停まる→繰り返し→前の車が発車したあとも、後ろの車は停まり続ける

というものだった気がする。ここらへんも自動運転になれば各車が連携すればかなりマシになりそうだ。

自動運転で強制的に制限速度を守るようになれば、危険運転もかなり減るはずだ。

時間に間に合わないから飛ばすのができなくなる みたいなのはそもそも論外だ。

自分のちょっとした都合で、他人の死のリスクを高めることなんておこがましくないだろうか。

 

燃料電池自動車が駅など主要な箇所に常駐しておりタクシー感覚で気軽にレンタルできるようになったら、観光もかなりしやすい。駐車場を探す手間もナビを見ながらここで曲がるのか?もっと早く言えよみたいなのも、全部車がやってくれるなんて最高だ。

 

壊れた人形のように繰り返すが、あーはやく自動運転車社会が実現してほしいなぁ。