ゆとりニートの日記

理系院卒⇛就職⇛1年で退社。ノースキルでノージョブなゆとり世代ニートの日記。

beautiful soupでスクレイピングした時、取得したhtmlが実際のソースと違う現象

どうも。のらくらです。

 

f:id:Norakura:20170902234055j:plain

趣味でpythonのbeautiful soupを使ってスクレイピングの練習をしてたんですけど、

何故かあるはずのp要素が取得できないという現象にぶち当たってました。

 

 

なんでだ~と頭を悩ませて、pタグの上位のdivを取得しても、そもそもpタグが存在しないような扱い。

 

 

実際のソースとbeautiful soupで取得したhtml(DOMっていうんですか?)が異なっているようでした。

 

 

エンジニアでもないので詳しいことが分からずぐぐること小一時間...。

何故か解決しました!

 

from bs4 import BeautifulSoup
import urllib.request

url = "http://~~~~"#自サイトURL
f = urllib.request.urlopen(url)
html = f.read().decode('utf-8')
soup = BeautifulSoup(html, "html.parser")

 

の最後の行を

soup = BeautifulSoup(html, "lxml")

 

にしたところちゃんと取得できるように。

 

 

ちなみに参考にさせて頂いたのはこちらの記事↓

vaaaaaanquish.hatenablog.com

 

完全に助かった。

趣味とはいえ直せないと気持ち悪かったので。

漫画「オゲハ」のネタバレ感想【可愛くて不憫で気持ち悪い】

どうもゆとりニートのnorakuraです。

最近スマホでネットサーフィンしてくるとやたら出てくる漫画広告で「オゲハ」が気になったので読んでしまいました。

f:id:Norakura:20171021145854j:plain

↑この表紙の漫画です。

 

読後感は最悪です。

いい意味で。

 

アゲハ蝶と人間の混じった生物を主人公の中学生「キジ」が拾います。

そして汚いからと「オゲハ」と名付け、虫と同様の扱いをします。

 

 

読んでる私からすると、オゲハを人間のように扱わないの?なんで???

と頭の中に???がいっぱいになりました。

 

 

キジはあくまで適当に

「こんくらい酷い扱いしても大丈夫っしょ」

 

というノリでオゲハに接します。

オゲハは人の言葉をしゃべれるのに...。

 

 

キジこいつサイコパスなんか???

と思ってしまいました。

 

オゲハを虐待に近い扱いをします。

オゲハが可愛いそうで不便でした。

 

 

読後感ですが、オゲハと言われる生物よりも、

同じ人間であるはずの「キジ」に対する違和感や嫌悪感が強かったです。

 

虐待やいじめを見るのが苦手な人は見ない方がいいでしょう。

 

 

私は逆に、この嫌悪感にどんどん引き込まれていきました

 

もしあなたがただの気持ち悪い「虫」を拾ったとしたら、

おそらくキジがオゲハにしたような扱いをすると思います。

キジだけは、そういう世界を見ているのだと思えば、また別の世界が見えてくるのかもしれません...。

 

 

ハンディコミックで試し読みできます。

気持ち悪い漫画・胸糞漫画が好きな方は読んでみてください。

⇒ハンディコミック

(オゲハで検索すると読めます)

雇用保険(失業給付)受給にアフィリエイトは申請が必要か。満額もらえなくなるのか。

現在絶賛無職中で、雇用保険をこれからもらおうと思っている。

雇用保険の説明会で、

「労働して金稼いだら申告してね。内職やボランティア活動も必ず申告するように。しないと不正受給扱いになりますよ。」

と言われた。不正受給扱い怖い。

 

ここで気になったのが、このブログにも貼ってある「アフィリエイト広告」からの収入は、どういう扱いになるのか、ということだ。

  • 時間に対する対価でないから申請が不要なのだろうか。
  • アフィリエイト収入がある場合は、給付額は満額でなくて差し引かれるのか。

ここらへんを調べえてみた。

(ちなみに弊ブログのアドセンス収益は毎月数円程度です。石を投げないで。)

 

自治体によるっぽい

ネットで調べると、

『申請が必要かは自治体による』

という答えがたくさん出てきた。

 

なので、皆さんもまずは担当のハロワ職員に聞いてみましょう。

 

ただ、大体の傾向として「アフィリエイトやってても全額給付を認めてくれる」という記事が多い気がする。

 

注意としては、じゃあ大丈夫かーとハロワ職員に聞かない というのはやめた方がいい。

 

ネットビジネス自体がそこまでまだ制度に組み込まれていないので、自治体によって取り扱いが変わる可能性があるみたいなので。

 

あとで『認定日に提出する申請書に、作業分を書く必要がある』と言われたら、血の気が引く。

変に隠してバレて、不正受給扱いになったった場合は、給付額の3倍を返さないといけない。

20万もらったら60万返す必要が出てくる。倍返しどころではない。リスキーだ。

私の自治体の場合

私も担当の方に聞いてみた。

すると、

『別に申請や申告は不要です。』

とのこと。

 

なんと、月100万円稼ごうが申告は要らないといわれた。

 

その担当者曰く、

「ブログやサイトは『資産』という認識で、そこから得られるお金は

不動産から得られる収入や投資で得られる収入と同じ扱いにしています。」

とのこと。

 

ふーむなるほど。

これで安心して広告を載せたままにできる。

 

まとめ

  • 自治体によるらしいからハロワ担当者に聞こう
  • 不正受給扱いはリスク高すぎるので、必ず自分で担当者に確認しよう
  • 私の自治体の場合はアフィで月100万稼いでても申告は不要。満額給付

参考にしてみてください。

泣くほど嬉しかったことって、普通は何個もあるの?

f:id:Norakura:20170926000210p:plain

今までの人生を降り返ると、

社会に出ても不適合を晒すだけ(入った会社は2社とも1年くらいで退社)だし、

自分で何かやろうとしても3日と続かないので、

改めて自分を見直そうと思っている。

 

そこで自己啓発系のレッスンを受けてるんだけど、

『泣くほど嬉しかったこと』

『泣くほど悲しかったこと、悔しかったこと』

を聞かれて、全然思いつかなくて困ってしまった。

 

思い返しても、泣くほど嬉しかったことなど人生で一度もない。

悲しかったことの方は、幼少期に1,2度あるかなくらいだ。

ところがレッスンでは10個以上挙げなくてはならない。

普通の人はそんなことがポンポンあるのか。ドラマの人生じゃないか。

 

原体験から自分を見つめなおして、自分がどんな人間なのか気づきを得るのが目的なんだろうけど、私の場合は小さいころから無感動だったようで、自分の中の何者にもなれない感=『無』が大きく感じられただけだった。

 

何はともあれ、内面を見つめなおして言語化するのは、しんどいと思う今日この頃だった。

理想の無料wordpressテーマを探して

個人ブログを新しく始めようと思っていて、wordpressのテーマを色々みていた。

 

用途としては、ある程度技術的なことだったり趣味のことだったり仕事や自己紹介なんかも記事にして、グローバルメニューやサイドバーでカテゴライズし、そこからユーザーが興味のあるコンテンツを見つけられるものにしたいと思っている。(パッと見がよくわからない、「このブログについて」みたいなリンクを押さないとサイトの色が見えないWebサイトにはしたくない)

 

理想のイメージは「個人ブログ」でありつつ「メディア(ニュースサイト)」っぽいデザインや機能。

コーポレートサイト的ではない、あまり野暮ったくないデザインを所望。

 

そんな感じでいろいろみてると、

Campus On Canvas - Airbnb宿泊・体験の最強ダブルホスト

↑のサイトを発見。見た目かなり理想に近い。

テーマを調べるとどうやら「WordPressテーマ「ストーク」」をカスタマイズして使っている?

しかしこのストークというテーマ、有料で1万近くするので断念...。

 

気を取り直して他のテーマを見ていく。

初心者向けのシンプルなもの(Simplicityとか)は、機能が物足りなかったり、理想に近づけるためのカスタマイズが面倒そう。

トップにでかい画像がありその下に記事が並ぶもの(XeoryExtensionとか)は、そんな画像作るの面倒だしイメージと異なるので却下。単にその部分外してもいいんだけど、デザインが野暮ったいもの多くスルー。

おされなグリッドデザインのものも、今回の用途と外れるのでこれまたスルー。

ブログ向けのものはトップページの機能が記事一覧だけだったりと、なかなか見つけられないでいた。

 

そんな中、「おっ」と思ったのが以下の2つの無料テーマ。リンク先はデモサイト。

最強の無料Wordpressテーマ「Sentry」デモサイト | Just another WordPress site

Demo | ThemeIsle

両方とも自分でつけると面倒そうな右側のサイドバーの機能や、関連記事の表示などがついてる。ニュースサイト寄りだけど、余計な部分を削るのは楽なのでここらへんのテーマをベースに、必要に応じてシンプルにしていくとよさそうに感じた。

とりあえず、Sentryを使って自分好みにカスタマイズしてみようと思う。

 

見た目をこだわっても結局投稿することなく放置しそうだが、こういうの探して考えてる時間は楽しい。

zipファイルの解凍/展開が出来ないときの対策・対処法

zipファイルの解凍ができなくて、ダブルクリックや展開が反応がなかった。

なんだこれ、と思って調べたところ、解決方法が見つかったので紹介する。

 

症状

メールで送ってもらったzipファイルを解凍しようと、いつものようにWindowsで右クリック→解凍を試みるが、全く反応なし。
普段なら進行状況バーみたいなのが出るのに。
あれ?と思ってダブルクリックしても、全く反応がない。

対策・対処法

①該当の圧縮ファイル(zipファイル)を右クリック
②プロパティ
③詳細設定
④「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」からチェックをはずす
⑤OKを押して、変更内容を適用する

以上

 

送り主に聞いたところ、別にzipファイルの暗号化とかはしていないとのこと。
gmailで送ったからか、送り元がmacだからか、理由は確かではないけれどとりあえずこれで対処できた。

同じような現象が起きた方はご参考まで。

春眠暁を覚えなすぎ

桜もとうに散った今でも、朝とっても眠すぎる。

というか年中眠い。

ロングスリーパーというほどではないのかもしれないが、1日8時間9時間寝ていたい。

22時くらいに寝ても、8時過ぎまで起きれない。

とにかく朝起きるのが苦手。

人生損している感がある。

 

なんとか起きようと、暗算が求められる目覚ましあぷりを使おうとしたこともあったが、気づいたら使うのをやめていた。結局2度寝するし、暗算するだけだるいだけだった。

 

そもそも人生なにもやりたいことがないから、できるだけ寝ていたいんだと思う。

思考を殺せる時間が長いほど、よい。

春眠暁を覚えなすぎ

桜もとうに散った今でも、朝とっても眠すぎる。

というか年中眠い。

ロングスリーパーというほどではないのかもしれないが、1日8時間9時間寝ていたい。

22時くらいに寝ても、8時過ぎまで起きれない。

とにかく朝起きるのが苦手。

人生損している感がある。

 

なんとか起きようと、暗算が求められる目覚ましあぷりを使おうとしたこともあったが、気づいたら使うのをやめていた。結局2度寝するし、暗算するだけだるいだけだった。

 

そもそも人生なにもやりたいことがないから、できるだけ寝ていたいんだと思う。

思考を殺せる時間が長いほど、よい。

以前とニートなりたい欲への向き合い方が少し変わった話

ニートになりたい欲とは、会社の仕事や人間関係、労働時間といった束縛から解放されたい心境のことだ。
私の略歴は
「理系大学院」→「割と大手の会社(1年ちょい)」→「ニート約1年)」→「地方の会社(約1年)」今ココ
なのだが、1社めの会社のときと今では、ニートなりたい欲への向き合い方が少し変わったのでその話を書こうと思う。
 
前の会社を辞める前の数ヶ月間は、「ニートになりたい欲」で頭がパンパンだった。
とにかく目の前の仕事や環境から逃げ出したくて、気が狂いそうだった。
労働中、トイレへ逃げ込むことも多々あった。
家に帰ってもひたすらニートのブログを見て安心しようとしたり、ネットでできる適職診断テストをして「あぁ、やっぱり自分は社会不適合者なんだなぁ」なんて思ったりしていた。そうやって、生産性なくゆるやかに自分の限界がくるのを待っていた。
 
その後ニートになり、1年足らずだがとあるシェアハウスに住んでいた。
そこでは、アフィリエイトで食べている人、あてもなく絵を描き続けている人、凄腕のITエンジニアで、ほとんど働かなくても食べていける人、バイト暮らしの人など、いろいろな人がいた。
みんな「普通」とは違う生活をしている人たちだった。
 
彼らには共通点があったように思える。
それは、「自分ができることはやっている」ということだった。
「普通」の会社勤めはやっていられないが、自分が出来ること・やりたいことはこなしていたように思える。
 
そういった人を見たからか、再び「ニートになりたい欲」が出てきた今、なにが自分に出来ることだろうと考えるようになった。
まっとうに働くことは、やっぱり無理なのかもしれない。
でも、この「ニートになりたい欲」が出てきた過程をブログに記録することくらいは出来るのかもしれないな、と思った。
 
たとえ便所の落書きのような文章だとしても、似たような境遇の人がなにか思ってくれればうれしいと思いながら
というわけで、自分の気持ちの整理のためにも、これから仕事どうしよう的なことを書いていくかもしれない。
 
もし、似たように目の前のことでいっぱいいっぱいの人がいたら、その現状をなんとかムダにせず、本当に小さなことでいいので「出来ること」をやってみてはどうだろうか。

2社目の会社を入社1年でまた辞めたくなってきた話

今の会社に入って、1年が過ぎた。
 
飽き性な自分にしてはよくもっていると思う。
・会社の飲み会が少ない(年1,2回程度)
・比較的大人しめな人が多い
といったことが要因かと思う。
 
給与も地方の同業種の中では良いほうらしく、
ノースキルな私にとっては大変ありがたい話である。
 
しかし、近頃会社を辞めたくなっている。
非常にしんどい。
 
前職を辞めた理由とも若干かぶるのだが、
私は「自分の仕事の進め方に干渉されること」が非常にストレスだ。
いや、干渉どころか「過程を観察」されるのが非常に苦痛だ。
 
例えば、お客さんとのメールをccで上司や関係者に入れるのなんかも苦手だ。
電話をしているのを、同僚に聞かれるのも大嫌いだ。
 
自意識過剰といわれればそれまでだが、何歳になってもいくら場数を踏んでも直らないからしょうがない。
思えば、小学校の頃に「図工」や「美術」の時間に、先生が教室を回って自分の席に近づくと作品を見られないように手で隠すような子供だった。三つ子の魂百までではないけど、もうどうしようもないものな気がしている。
 
入社してから半年くらいは、社内のお手伝い的な仕事が多く、あまりこういったストレスに晒される機会も少なかった。
しかし、入社1年近くなると個人で外部の人と関わりながら動かねばならない。
それ自体も非常にストレスなのだが、上司や同僚にその過程を見られながらやるのが大変苦痛だ。
 
これが、従業員が自分1人の会社だとしたら、一目も気にならず電話やメールアポイントとり、イデアだしもそこまでのストレスではないと思う(嫌は嫌だけど)。その場合は経験地がないからなかなか上手くいかないことが考えられる。
 
じゃあ、今の会社にいればそういった力が身につくかといえば、そうでもなさそうだ。部署の上司からは「独り立ちして欲しい」の一点張りで、あまり人を育成しようという気分は感じられない。
ただフィードバックもなく、ストレスがたまるだけだ。
 
人生にあまり期待していないので、私は会社を辞めることにそんなに抵抗がない。
守る過程や大事な趣味なんかもない。
なので、他の人からしたら「そんなこと」と思うようなことかもしれないが、今、とても会社を辞めたい。